MENU

ジャニーズwest新グループ名WEST .の意味は?解散危機か?

人気アイドルグループジャニーズwestが、2023年10月18日に新グループ名を発表しましたね。

ジャニー喜多川氏の性加害問題が発端となり、「ジャニーズとつくものは全てなくなる」と断言され、ジャニーズwestはグループ名変更を決意。

ファンの想いとジャニーズwestの想いが込められた素晴らしい新グループ名となりましたが、どのような意味なのでしょうか?

ところがその反面、解散危機を迎えているのではという噂もあるようです。

これらの気になる点を全てここでお話ししていきたいと思います!

目次

ジャニーズwest新グループ名WEST .の意味は?

メンバーは連日早朝から深夜まで話し合いを重ね、ファンからの「WESTだけは残して」という声にも応え、「WEST.」というグループ名に決まったそうです。

2023年10月18日に公開されたジャニーズwest公式YouTube生配信で、新グループ名が「WEST.」に決まったことを7人全員で発表しました。

確かにジャニーズという名前は消えてしまったけれど、特に大きな違和感はないグループ名になったので良かったですね!

WESTの最後にドットを付けた意味についてメンバーの中間淳太さんは、

「この意見に納得いかない人もいる。そのなかでも僕がこうして仕事ができるのはWESTだから、笑顔になれるのはWESTだから、辛いと思うのはWESTだから。全部がWESTだからに繋がるのよ。“俺はWESTだから”という想いで“.”をつけました」

と説明していました。

さらに、“.”はピリオドの意味も込めていることについても言及。

“死ぬ前にWESTでいれてよかったって思える名前にしたかった”という想いも明かしていました。

メンバーの重岡大毅さんは

「WESTでよかったなって。俺はWESTなんだっていうのは決まってるから。だったらもうここで俺たちでピリオドを打とうと」

と決意。

「小さな点かもしれないけど、無限の可能性が詰まってるし、これからも点(の意味)はいろいろと多分更新していくんだろうね」

新グループ名WEST.にはこのようなメンバー7人の思いが込められているのです。

ジャニーズwestは解散危機か?

ジャニーズwestが解散危機ということはありません。

7人がとても仲が良いことで知られているジャニーズwest。

今回のグループ名の変更や、ジャニーズ事務所の危機に直面しても7人の絆が途絶えることはありませんでした。

ジャニーさんの性加害問題によって、ジャニーズという名前が消滅することになったわけです。

グループ名が変わることになったのも、メンバーにとっても不本意だったことでしょう。

ところが、ここで挫けずジャニーズWESTを続けていくことにはなんの違和感もなかったようです。

そして、

「7という数字は俺らにとって大事な数字」

と言い切るほど7人でいることが当たり前であり、この7人だからこそジャニーズwestだと言えるほど。

どんな困難もこの7人なら乗り越えていけるといっても良いでしょう。

ジャニーズwest新グループ名WEST .に対する世間の声

ジャニーズwest新グループ名に対する世間の声を集めてみました。

WEST.というグループ名はとても好感度が高く、ファンも気に入っていることがわかります。

ファンにとってもWESTという名前はとても大切な名前。

納得の新グループ名となったようです。

やはり「WEST」が残されているというところが、ファンにとっても大きなポイントのようです!

グループ名が変わるということは想像以上に大変なもの。

ジャニーズwestのメンバーは自分たちの意見だけではなく、ファンの想いも察しWESTという名前を残してくれたのですね。

長年慣れ親しんだグループ名ですから、しばらくは不慣れだと思いますがきっとすぐに馴染んでくれると思います。

まとめ

ジャニーズwest新グループ名WEST.の意味や解散危機についてお伝えしました。

WESTという名前には7人にとって特別な思いが込められており、ファンにとってもWESTという名前がグループ名となったことはとても喜ばしいことのようですね。

解散危機ということはなく、これからも7人でWEST.を続けていくことでしょう。

新しく生まれ変わったWEST.のこれからの快進撃・活躍は見逃せないですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次